いびき 原因

いびきが出る原因

 そもそも、いびきとはなんなのでしょうか。
 口で呼吸をする際、人間は誰もが「音」を出しています。この音が出る際に騒音と化した大きなものが「いびき」です。なぜ呼吸音が大きくなるのか。それは、何らかの理由で「上気道」という鼻から喉にかけての器官が狭くなっているためです。

 

いびきを止めるには

 上気道が狭くなっているのがいびきの原因なので、狭くなる要因を解消すればいびきも止まります。では、なぜ上気道が狭くなるなどという現象が起こってしまうのでしょうか。仰向けに寝ると上気道が圧迫されるので狭くなる、という点はありますが、普通の人はそれだけでいびきに繋がるほどの影響はありません。現に、仰向けに寝ても多くの人はいびきをかかないわけですからね。なので、横向きに寝ても改善しないことも多く、根本的な要因は別にあります。そして、そのいびきをかく大本の原因は人によって異なるのです。

 

いびきの要因を解消する

 いびきの原因のひとつは、ズバリ肥満。脂肪はお腹や足だけではなく、内臓や喉にもついてしまいます。上気道周辺に関してもそれは同じです。痩せている人より太っている人の方が呼吸器官も狭くなっているので、いびきが出る確率が大きくなるのです。この場合、いびき解消方法はダイエットあるのみです。痩せましょう!
 別の原因は、鼻の問題。鼻詰まりを起こしている方は、常時鼻水で上気道周辺がふさがっている状態です。鼻で呼吸をするのが辛いため、自然と口呼吸をしやすくなり、いびきをかいしてしまう原因となります。この場合、いびきを改善するためには鼻詰まりを解消する必要があります。耳鼻科で相談しましょう。
 中には、病気や疾患が原因である場合もあります。たとえば、睡眠時無呼吸症候群であるケースです。これは、睡眠時になぜか呼吸が一時的に止まってしまうという病気で、この病気にかかっている人は、呼吸が再開した際に一際大きく呼吸をするために「いびき」を出してしまうのです。まれなケースですが、もしこういった原因が思い当たる方は早めに医師の診断を仰ぎましょう。

 

 

最後に

 他にも、いびきの原因は様々です。ストレスに起因するものもあれば、過労や過度のアルコール摂取で起こる場合もあります。最近急にいびきをかきはじめて心配、という方は、近頃変わったことがなかったかどうか、心当たりを考えてみるといいかもしれませんね。