妊娠中 花粉症

妊娠中の花粉症を安全に安心して緩和できるえぞ式すーすー茶

 

子供から大人まで様々な方が花粉症に悩まされています。
そもそも花粉症による症状はどのようにして引き起こされてしまうのでしょうか。

 

花粉症の原因とメカニズムについて

花粉症とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきたときにそれを排除しようとする
「免疫反応」によって鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることを言います。

 

花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。
空気中に浮遊しているスギ、ヒノキ、イネの花粉などのアレルゲンが鼻粘膜に付着すると体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。

 

その後再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、

 

ヒスタミン受容体いわゆる、ヒスタミンを受ける鍵穴と結合することで、
花粉症の症状であるくしゃみ、鼻づまり、鼻水といったアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

花粉症になってしまったら薬で症状を抑える場合が多いですが、妊娠してる人が花粉症になってしまった場合は花粉症の薬を飲めない時期などがあり
簡単に薬を使用することができません。

 

そんな時におススメなのが「えぞ式すーすー茶」です。

 

お茶なので、妊娠してる人でも安心して飲むことができます。

 

妊娠してる人でも飲める理由と花粉症を緩和してくれる理由とは?

えぞ式すーすー茶は、アレルギー反応の元である「ヒスタミン」の放出を抑え、強い抗菌力で免疫バランスを整える
役割があるノンカフェインのお茶なので、妊娠してる人も安心して飲めるお茶です。

 

使用されてる原材料と花粉症緩和効果の関係性とは?

えぞ式すーすー茶に使用されている材料は「甜茶」「クマザサ」「赤紫蘇」の3つだけです。
この3つは花粉症の不快な症状をやわらげてくれる効果があり、花粉によるアレルギー反応を軽減する効果も持っています。

甜茶による花粉症緩和効果について

「甜茶」はアレルギー反応の原因と言われるヒスタミンの放出を防いでくれます。甜茶は花粉症のため医者から処方される
抗ヒスタミン剤と同じ働きがあるので、花粉症の症状を緩和してくれる効果が期待できるのです。

 

クマザサによる花粉症緩和効果について

「クマザサ」は昔から万病に効果があると言われていますが、花粉症を緩和してくれる効果も期待できる
免疫強化作用や抗ウィルス作用があるので、花粉症の症状を和らげてくれるのです。

 

赤紫蘇による花粉症緩和効果について

赤紫蘇は抗アレルギー、抗炎症効果が期待できるポリフェノールが豊富に含まれています。
花粉症による症状を抑制し、鎮静作用がありますので花粉症を抑制してくれる効果が期待できます。

 

甜茶とクマザサと赤紫蘇によるそれぞれの相乗効果によって、花粉症を緩和させる効果を高めることができ

妊娠してる人も安心して飲める「えぞ式すーすー茶」を飲むだけで、妊娠中の花粉症を緩和することが可能と言えます。

 

えぞ式すーすー茶に含まれている原料は花粉症の症状を緩和したり抑制したりする効果が期待できるので
飲むだけで花粉症の緩和につながります。
また、薬とは違ってノンカフェインのお茶なので妊娠してる人など薬の使用を控えた方が良い場合にある人でも
安心して飲むことができ、甜茶の甘みで子供から大人まで飲みやすいお茶となっています。

 

妊娠してる人はもちろん、薬に頼らず花粉症を緩和させたい人にもおススメできるもので
誰でも安心して飲むことができるお茶だと言えます。

 

⇒えぞ式すーすー茶の口コミレビューはコチラ